method

占術紹介

HOME | 占術紹介

東洋と西洋の融合


お客様の状況にあったものを選びます 

お客様の相談内容や状況に応じて、以下の占術から最適なものを何種類か選び、それらを組み合わせて鑑定致します。
占いの種類は命占・ト占・相占(本来は、医学を足したは命、卜、相、医の四種)の3つの中から、最低でも1種類ずつ組み合わせ、鑑定していきます。また、吉方位などは、方位術にその方位に向かう日時を合わせて占います。
 
命占とは
生年月日と出生時間からその人が持って生まれた運勢を算出する占術・・・西洋占星術、四柱推命、欽天派紫微斗数、九星気学、宿曜占星術
 
ト占とは
瞬間の偶然から吉凶を出す方法・・・ 断易、周易、西洋タロットカード、易タロット、紫微斗数
  
相占とは
形状から運勢を割り出す方法・・・風水(八字派、八宅派、理気、らんとう、玄空飛星法)、人相、手相、筆跡
 
方位術とは
方位を使ってその方向に決められた決められた日、時間、に行き運気のアップを図る方法・・・九星気学、断易、奇門遁甲

 

四柱推命

起源は中国の戦国時代(紀元前400200年)と言われていますが、今の形に近い四柱推命の始まりは1000年くらい前だと推測されています。1100年代、南宋の徐居易の『淵海子平』が四柱推命の最古の書物と言われます。
軍師であり明の初代首相であった劉白温氏が、四柱推命の聖典とも言われる、「滴天髄」を記した、と言われています。日本では京都で阿部泰山が「泰山派」と言われる流派を広げ、現在沢山のお弟子さんが活躍しています。
  
歴史的古さ  ★★★★★
 
的中率  ★★★★★
 
おススメ度   ★★★★★
 
当たりやすい占い     ある年 年齢で起こる出来事  相性  性格
 

断易

歴史が古く、2000年以上前に中国の鬼谷子という人が始めたと言われています。断易の古典書で有名なものに「ト筮正宗」があります。日本には、江戸時代末期に桜田虎門という人の書いた「五行易指南」という本がある。吉凶や、それの起こる時期がはっきり分かる事が特徴でビジネスに最適です。
 
古典度     ★★★★★
 
的中率     ★★★★★
 
おススメ度     ★★★★★
 
当たりやすい占い   仕事などで、相手がいる場合の進行状況。相手の気持ち。
                     契約の可否、利益が出るか出ないかの判断。

玄空飛星派風水

風水の思想はそもそも中国の江西省で生まれたと言われています。初めはお墓をどこに作るかの学問で、後に都市の配置の吉凶を判断するためや、生きている人間の住む居住空間の技術に応用されました。生きている人間の住居を、陽宅、死者の住居を、陰宅と呼びます。今の風水は清朝の終わりに海外に移住した華僑達が広めた風水です。
 
古典度          ★★★★★
 
的中率         ★★★★★
 
おススメ度     ★★★★★
 
当たりやすい占い  売り上げ、人間関係、仕事運、体調不良

西洋占星術       

紀元前2500年くらいにメソポタミアでシュメール人が作ったと言われています。
 政治色が強く、国家の運命を占ったりしていました。
十二星座はバビロニアで紀元前2000年ごろにはありました。
 農耕の為、種まきや収穫に最適な時期を出していたとも言われています。
 ローマでも占星術は重宝されました、しかしローマはテオドシウス帝の時、キリスト教を国教にし、ギリシア文化を禁じたことで占星術も衰退しました。
 十字軍の影響や、ルネサンスなどをきっかけに、復活したと言われています。
 
歴史的古さ   ★★★★
 
的中率   ★★★
 
おススメ度  ★★★★
 
当たりやすい占い     日常の生活で感じる気持ち(イライラ、幸せ、など)を占う。理想の恋愛や、理想の結婚の相手のタイプや相性。相手に見せる印象。世代や、時代の特徴。大きな流れの中での政権交代や、災害、戦争など。

宿曜占星術

空海が初めて日本に持ち込んだと言われるインド発祥の仏教の経典(宿曜経)(「文殊師利菩薩及諸仙所説吉凶時日善悪宿曜経」)をベースした占星術です。唐で完成したと言われている。徳川家康が諸大名の嫁を徳川家から送る時に宿曜でわざと悪い相性の娘を送ったと言われています。
 
歴史的古さ    ★★★★★
 
的中率      ★★★★
 
オススメ度 ★★★★
 
当たりやすい占い   人の相性
 

欽天派紫微斗数

現在では、四柱推命と肩を並べる程の人気ですが、人々に知られるようになって30年程の新しい占いです。起源は618年から907年の唐の時代と言われています。陳希いという仙人によって説かれたとされています。命盤を12宮に分け配置された星の種類を観て占っていました。人の性格や傾向を観る事が出来ます。起こる出来事や吉凶を占うには四柱推命には及びませんでしたが、数年前から、四化飛星派という技法を持つ流派の秘伝が公開されるようになり、時期の吉凶も正確に占えるようになりました。
 
歴史的古さ    ★★★

的中率     ★★★★
 
おススメ度   ★★★★
 
当たりやすい占い      仕事、住居、お金、余暇のスタイル。配偶者などの特徴。上司や部下の特徴や関係性。商売をしている場合は、商売運。

周易

周の時代に、文王が作成した事から、周易と呼ばれます。その後、2500年前に、孔子が、難解だった易の注釈文を完成させました。帝王学と呼ばれ、政治的判断を下す時に用いられました。
古典度    ★★★★★
 
的中率     ★★★
 
おススメ度      ★★
 
当たりやすい占い           進むか進まないかの大きな判断。一年間の運勢。人生の中での大きな流れの判断。過去のどのような行動が、いまの結果になっているのか。

人相

日本では室町時代のが最古の書物と言われています。平安時代中期の長編小説「源氏物語」に人相見の記述があるのですが、日本で人相學が開花したのは、日本での人相は、自らが入っていた刑務所で犯罪を犯した人の人相を研究し、出所してからは、食で人相や、生き方を変える事を解いた水野南北の書いた本が元になっています。
 
古典度     ★★★★
 
的中率      ★★★
 
おススメ度    ★★★
 
当たりやすい占い     性格、気血を読んで幸運が舞い込むか、立候補者だったら、当選するかを判断。出費や、喧嘩の予想。体調

手相

およそ3000年前から5000年前の古代インドで始まったと言われています。仏教とともに中国に伝わり、平安時代の日本にもたらされました。中国の手相術は、運命判断だけでなく、病気を診断する手段の一つと考えられています。その後、ヨーロッパでは宗教的な弾圧を受けた後、英国の手相研究家キロー家が著名人の手相を占い的中させたことで、人気者になり 1894年に発行した手相占いの本「手の言葉」が現代の手相学の基礎になりました。


歴史的古さ     ★★★
 
的中率      ★★★★
 
おススめ度    ★★★
 
当たりやすい占い   性格診断

西洋タロット

およそ3000年前から5000年前の古代インドで始まったと言われています。仏教とともに中国に伝わり、平安時代の日本にもたらされました。中国の手相術は、運命判断だけでなく、病気を診断する手段の一つと考えられています。その後、ヨーロッパでは宗教的な弾圧を受けた後、英国の手相研究家キロー家が著名人の手相を占い的中させたことで、人気者になり 1894年に発行した手相占いの本「手の言葉」が現代の手相学の基礎になりました。


歴史的古さ     ★★★
 
的中率      ★★★★
 
オススメ度 ★★★★
 
当たりやすい占い   相手の気持ち

易タロット

周易の64卦を64枚のカードで構成したカード占いです。周易の大成卦と、西洋のタロットカードの展開法を使って、正位置、逆位置の意味の取り方も融合さてて占う方法です
 
歴史的古さ     ★
 
的中率     ★★
 
おススメ度   ★★★
 
当たりやすい占い 相性、これからの方向性、過去

九星気学

風水で方位の吉凶を算出する時には古くから使われていたが、運勢や人の性格を占う場合の九星の利用は、戦後から利用されたので、歴史は浅い。歴史的には園田真次郎1924年に創始した占術が気学である。各人の生まれ年において中心にあった数(本命星という)が、当該年において魔方陣のどのポジションにあるかを判断し、そのポジションが持つ形而上学的意味が、当人のその年の運勢を決定するという方法。簡単なので、占いを習いたい人が最初に勉強するのに適している。
 
歴史的古さ   ★
 
的中率     ★★
 
おススメ度     ★
                      全ての出来事や相性を気学だけで見るのはかなり危険。
 
当たりやすい占い   その1年の流れと吉凶。家を買って良いかの可否。
                     災害や地震。
 

 

CONTACT


カレンダーの空席情報をご確認の上ご希望の日時と、一般鑑定か玄空飛星法風水かをご記入の上、ご連絡ください。